中学受験に関する様々なことがわかる応援ブログです

中学受験と学生生活の両立:塾との付き合い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験というと高校受験や大学受験のイメージも強いのですが、日本では中学校まで義務教育なので受験をしなくてもいいという考え方が一般的です。
もちろんここは各家庭の考え方や教育方針による違いもありますが、中学受験をする場合は進学塾に通う事になります。
塾には通わず自分で勉強をするのも不可能ではありませんが、受験対策での情報収集やスケジュール管理、模擬試験情報などは進学塾の情報網にはかないません。
中学受験をするなら、塾に通うのはもはや必須となっています。
それまでは海外で生活していた子供に、帰国し中学受験をさせようと考える親もいます。
この場合は帰国子女となりますが、帰国子女の中学受験の場合は受験資格を満たしていないと受験できない事があるので注意しましょう。
これに関しては学校による違いもありますが、帰国子女の場合は学ぶ内容も日本とは異なるので、受験を一般の生徒と帰国子女に分ける事になります。
同じ条件で受験する学校もありますが、帰国子女枠があった方が有利になります。
詳細は異なりますが、海外滞在年数が2年以上、帰国後1年以内というのが帰国子女枠の受験資格となっています。
海外で生活しているので英語は圧倒的に有利と考えますが、実際は学校英語と海外での英語は少し違います。
そういった意味でもたとえ帰国子女であっても、受験の英語として学ぶ場合は進学塾で教える英語にも触れておいたほうがいいとう事になります。
いずれにしろ学校と受験勉強の両立は避けて通れないでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。