中学受験に関する様々なことがわかる応援ブログです

中学受験中に親が気をつけたいこと:子どものストレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中学受験は、子どもが短い人生の中で初めて大きなプレッシャーと葛藤する機会です。特に受験が目前に迫っているとき、あるいは来る日も来る日も受験をこなしている時期のストレスは測り知れません。
親にとっても、その時期はストレスがピークに達する時期です。成績が伸び悩んでいたり、同じ受験生を持つママ友からさまざまな情報を受け取って焦りを感じたり、緊張と不安とで精神的に不安定になりがちが子どもと接するのに疲れたり。こうした時、自分だってストレスたまってるのよ、と言わんばかりに子どもにあたりたくなったら、要注意です。もう一度、この中学受験が誰のための受験なのか、ということを考え直す必要があります。
中学受験をするのは、親ではありません。中学受験のストレスを盾に不安になったり不機嫌になってもいいのは子どもだけです。親はあくまでそれをなだめてあげる側。親がストレスを感じていいのは、受験にまつわる経済的な事に関してだけです。
親が当事者顔でストレスをぶつけたら、子どもは間違いなく追いつめらます。「あなたがやりたいというから応援はするけれども、中学受験なんて本当はどちらでもいい、合格だって不合格だってかまわない。どっちに転んだって人生は中学受験だけできまるわけじゃない」。最後の時期は、こういう意識を親がしっかり自覚する必要があります。鷹揚な姿勢と態度を示すことができれば、受験に対する子どものストレスはかなり軽減されます。
受験が終わった時も、同じです。合格して一緒に涙するのはかまいませんが、万一不合格だったとき。子どもが泣いてないのに涙する親は論外です。

関連記事

コメントは利用できません。