中学受験に関する様々なことがわかる応援ブログです

私立中学と公立中学のメリットについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の将来を考えて、中学受験を受けさせようという親も増えてきました。
中高一貫のところに合格すれば、その後の高校受験も回避することができますし、大学まで進学することを考えるとその後かなり有利になるとの考えもあります。

また、中学受験を受けるもうひとつのメリットは家庭内での絆を高めるといった側面もあります。
高校や大学への進学の場合は子供が自分である程度の志望校を決定しますが、中学受験の場合はまだ小学生ということもありますので、保護者と共に臨むことになります。

当然ながら受験をしたいという学校にもそれぞれ特色があり、先述の中高一貫をはじめ共学校かそうでないかといった点についても違いがあります。
いずれにしても重要なのは、出願者である子供が目的の中学校に合格できるレベルまで学力を高めること、それとともに入学したい学校の情報を集めることです。

たとえば入りたい学校が地元から遠い場合もありますし、その中学校を卒業した生徒がどういった進路に進んでいるのか、といった点も気になるところです。
授業内容はどうであるか、教育方針はどんなものであるか、教員のレベルはどうかなど、テストの成績以外にも気になるポイントには様々なものがあります。

入試情報も含めて、こうした学校の情報を集めておくことも中学受験ではクリアすべき問題であり、ただ塾で受験勉強をすれば合格できるというものでもないのが中学受験の奥の深いところです。

関連記事

コメントは利用できません。