中学受験に関する様々なことがわかる応援ブログです

中学受験と受験校の選び方:子どもとの相性は良いか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中学受験をするのであれば、まずは学校の雰囲気や情報を知るためにオープンキャンパスに参加しましょう。
これから学校生活を送るところなので、知名度が高いからとか評判が良いからといった本人の気持ちとは関係のないところで決めるのではなく、どんな学校なのかを直接確かめることが大切です。

オープンキャンパスでは、そこに通っている生徒の様子はもちろん、教師たちの様子も確認することができますのでその後の学校生活もリアルにイメージすることができ、志望校の決定に一役買うことは言うまでもありません。
実際の授業も見学できるのであれば、親も一緒に参加して先生の様子を確認してみると良いでしょう。

このオープンキャンパスで子供がもしも「合わない」と感じたのであれば、その感性を尊重することも大切です。
子供がこれから通うかもしれない学校ですので、環境に適応できなければ不登校児になる可能性もありえます。
子供というものは一人ひとり異なる個性を持っており、学校というところは必ずしもその個性に適合するとは限りません。
それだけに何らかの問題というものも起こる可能性はあるのですが、相性の良くない学校などであれば問題が起こった場合に親がモンスターペアレントと化してしまったりするケースもあります。

それだけに、実際に志望校を決めてしまう前のオープンキャンパスというものは子供の「受験したい」という気持ちを確認するために重要な位置づけとなります。
中学受験というものは、勉強して偏差値を高めなければ合格できるものではありませんが、それに加えて子供が「入りたい」と強く感じることも重要です。
過去問や模試を受けることができる塾での勉強に加え、家庭でもバックアップをすることが合格につながる道といえるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。