中学受験に関する様々なことがわかる応援ブログです

中学受験と受験校の選び方:国立か私立か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中学受験を考えるにあたって国立か私立の中学校か、私立大学の付属学校などを選択するか否かという選択肢があります。
この場合でも受験生が注意したいのは自分の偏差値です。
受験したい学校があったとしても、自身の成績が合格できるレベルに達していなければその学校に進学することはできません。
そのうえで、受験できる学校を絞り込んでいくことが重要となります。

たとえば私立の中学校は、独自の教育を行うことが大きな特徴です。
その学校を設立した人の建学の精神などを反映した教育が行われたりすることはよくある話ですが、入学した生徒に対する授業内容についても学業重視なのか、
それとも人間性重視なのかといった違いがあります。
その後の高校への進学も含めて考えるのであれば中高一貫を選ぶのか、その中でも公立中高一貫校なのか私立なのかといった選択の幅を広げることになります。
その中学を卒業した後はどんな高校へと進学しているのか、という点も確認しておくとさらに精度の高い情報といえます。

もちろんこうした情報収集というものは中学受験を控えた小学生が行うには限界がありますので、保護者と一緒に進めることになります。
家庭内で進学校についての相談をするのはもちろんですが、通っている塾からの情報や共に勉強に励む同級生からの情報をもとに進学する学校を決めるのも良いかもしれません。
中学受験ともなれば当然ながら入試がありますが、それに見合う成績を高める必要があるものの、人気の高い学校ともなればその分倍率も高くなっていきます。

それだけに、塾の模擬試験などで良い点をとったとしてもそれがそのまま合格ラインに達しているとは限りません。
合格発表で良い結果を受け取るには様々な面からのアプローチが必要であるといえるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。