中学受験に関する様々なことがわかる応援ブログです

中学受験と受験校の選び方:体験入学での感触

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の時代は教育に関心のある親御さんにとって子供に中学受験を受けさせるのは一般的な考え方になっています。その理由は中学のときからレベルの高い学校に通うことがその後の高校受験大学受験と影響するからです。
このときに大切なのは子供の感覚です。いくら親が納得できて満足できる学校であっても学校に通う子供自身が納得できて満足できなければ意味がありません。「意味がない」どころかひとつ間違えますと、登校拒否という最悪のこともありえます。
中学受験で最も大切なことは受験校の選び方です。しかし、残念なことに誰も体験していないことについて正確な判断をすることはできません。いくら子供よりも親のほうが社会経験があるからといっても学校に通学する環境について正しい判断をすることは不可能です。
そのときに正しい判断の一助になるのが体験入学です。体験入学とは子供さんが実際に学校の中を見て回ったり授業を受けたりすることですが。その内容は学校によってさまざまです。
このように体験の内容はさまざまですが、実際に学校の中に足を踏み入れて実際に雰囲気に触れることは大きな意味を持っています。中には、子供が体験するのですから、「大して意味がない」と考える大人もいますが、決してそうではありません。
大切なのは皮膚感です。子ども自身が感じる感覚です。確かに、子供は社会経験がなく生きている時間も短いですが、それでも感性には鋭いものがあるものです。ある意味、社会経験がない分、フィルターがかかった感覚ではなく純粋な感覚を感じることができるものです。
その意味でいいますと、体験入学の感触は中学受験校を選ぶ際に重要な要素となります。

関連記事

コメントは利用できません。