中学受験に関する様々なことがわかる応援ブログです

中学受験の必要性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中学受験は必要です。なぜならば、中学受験、そしてそれを突破するためには、小学生低学年のうちから勉強時間を確保して様々な知識を会得する必要がありますが、その知識は、のちの大学入試センター試験や就職活動の際に行われるSPIにも生かせるものだからです。中学受験の必要性について、子どもを塾や家庭教師等、勉強時間にしばりつけるものであって、子どもの個性の伸長に悪影響だという意見も見られます。しかし、勉強と、個性伸長のための、たとえば児童館で放課後友人と遊ぶといったことは両立可能であり、この意見は妥当ではありません。中学受験には、塾等への多額の資金のほかに、送り迎え、日々の生活の管理といった細々としたことについて親の手が必要ですが、このように親子二人三脚で中学受験を突破するということにも、親子の絆をより深める効用があります。また、中学受験に無事合格し、いわゆる名の知れた中学校へ入学できれば、同じように優秀な生徒との間で切磋琢磨して勉強や部活動を頑張ることができ、よい刺激を受けることができます。さらに、中学、高校と進学していき、大学受験も、自分達の培ってきた知識で戦うことが可能であり、結果として、子どもの自立にもつながります。小学生の間に、つらい勉強を一生懸命頑張ったことが、中学、高校、大学、就職という、長い長い将来につながり、その子どもの将来は明るいものとなるのです。以上の理由から中学受験は必要です。

関連記事

コメントは利用できません。