中学受験に関する様々なことがわかる応援ブログです

中学受験の準備を始めるべき時期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中学受験において、準備を始める時期は迷うところでもあります。
始めるタイミングは、低学年の時代は、のびのびと体作りに徹して、高学年から取り組むべきとも言われていますが、特別な決まりはありません。
確かに、小学校の6年間は、学習能力の成長過程にあります。まず、物事に興味を示し、それに対する観察力を高めて、分析や研究へ目を向ける時期になります。暗記や知識の詰め込みは、低学年の段階では思考力の育成を妨げる可能性もありますので、のびのびといろいろなことを見て、聞いて、触れて、楽しむことが大切になります。
低学年の時代に培ってきたものは、高学年になるに従い開花します。一つ一つの事象に対して深く掘り下げることができるようになると、もっと知りたい、もっと理解したいという能力が大きく芽生えます。
もっと取り組みたいというものを形で表したもののひとつが、中学受験になります。勉強が苦手でも、運動能力に長けているのであれば、スポーツの分野に進むことも選択肢の一つであるように、全員が中学受験を目指す必要はありません。また、どんなに勉強に興味があっても、特別な結果を求めないのであれば、あえて中学受験に取り組ませる必要もありません。
中学受験は、子供たちの飽くなき探究心を無駄にさせないための一手段に過ぎませんので、開始のタイミングは、生徒それぞれが異なって当然でもあります。遅い、早いは特に問題とするところではありません。

関連記事

コメントは利用できません。