中学受験に関する様々なことがわかる応援ブログです

中学受験の心得と対策について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お子さまが中学受験をするにあたって、親としてはどのような心得が必要なのでしょうか。
まず第一に考えなければならないのは、お子さまにとって中学受験がどのような意味を持つのかということについて真剣にとらえなおす必要があるということです。
今後ますます厳しくなっていくことが想定される日本社会において、お子さまをできるだけ安心できる安定した社会的に地位に就かせたいとお考えになっているのではないでしょうか。
グローバル化が進展していく昨今、豊かで快適な生活を送るためには最低でも中学校から豊かな環境の下で教育を与えていく必要があると確信なさっているのではないでしょうか。
そうした親としての考えを確固たるものとして、それをきちんとお子さまに伝えて差し上げましょう。
中学受験はやはり競争的な選抜です。競争的選抜に打ち克つためにはお子さまご自身の覚悟がなければならないのです。
中学受験を皮切りとして高校、大学、さらには国際的な留学や学位取得を考えた時、中学受験はこうした厳しい選抜競争に向けてのほんのスタートラインであるにすぎません。
そして、そのスタートラインを巡る競争においてすら、多くの子どもたちが死に物狂いでの取り組みをしてくるのです。
まさに真剣勝負の世界なのです。
それだけにお子さまご自身はもちろん、お母様そしてお父様、あるいはおじいちゃまおばあちゃまに至るまで、家族全員の真摯な取り組みが求められるのです。
一般的に「お受験」という言葉が浸透しています。
この言葉は受験するお子さま自身は使いません。
お子さまのまわりのお母様、お父様、おじいちゃまおばあちゃまが使う言葉であるのです。
「お受験」という言葉の存在はそれだけ受験する本人のみならず、そのまわりの大人たちも心得と対策が必要であるという証です。
ここまで書きますと、まるで冗談のように思われるかもしれません。
もし冗談とお思いになるのならば、もしかしたら中学受験には向いていないのかも知れません。
このようなお話が冗談ではないほどに、中学受験に取り組まれている方々は真剣であるということを是非ともご理解いただきたいと思うのです。
単にお子さまを勉強させていればいい、という問題ではありません。
中学校以降の学びの質を考えるならば、ご家庭の教育に対する取り組みそのものを変えていくほどの対策が家族全員に求められるのです。

親の心得まとめ

  • 添削できるようにする
  • 実際にするかどうかは別としてできる自信があることが大切です。

  • 学校をおろそかにさせない
  • 受験勉強のために学校生活をおろそかにしては意味がありません。

  • 説明会に積極的に参加する
  • 子供の特徴性質によって学校や受験勉強法を考える
  • 子供の志望校や塾、成績などを公開しない
  • 情報をあつめる

こどもの心得まとめ

     

  • 復習用の学習計画もたてる
  • 小6の夏休み、冬休みは勉強のためのものと意識する
  • テストは開始から出来なかったところを理解するまでがテスト
  • テストの解答は解説まで読む
  • 知識以外にスピードも身につける
  • 傾向を調べる

関連記事

コメントは利用できません。