中学受験に関する様々なことがわかる応援ブログです

出願倍率と実質倍率の違いとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中学受験を考えているご家庭にとっては、死亡している中学校の入試に関する倍率は、かなり気になるものです。
高校や大学の入学試験にはない、中学受験の特徴として挙げられるのは、短い期間中に多くの中学校が複数回の入学試験を実施するということです。そのため、すでに受験した中学校の合否結果によっては、入学試験の出願はしてあるものの、実際には入学試験を受けないというお子さんも少なくありません。
出願はしたものの入学試験を受けない場合には、いろいろな事情があります。
たとえば志望する中学校で複数回の入学試験が実施される場合に、すでに合格してしまったようなときです。
また同じ日程の複数の入学試験に出願しておき、前日までの住学試験の合否結果によって、その日に受験する中学校を決めるという場合もあります。
そのため出願倍率はおおむねどこの中学校でも高めの倍率になりますが、実際に受験しないという場合も少なくないため、出願倍率と比較すると、実質倍率は低めの数字になることがほとんどです。
ただしトップ校と言われるような超難関校では、出願したほとんどのお子さんがそのまま受験するため、出願倍率と実質倍率の差は開かないようなこともあります。
新聞で発表されたり、あるいは進学塾などからもたらされた情報により、志望する中学校の入試倍率に一喜一憂してしまいがちですが、倍率が発表されたら、あまり数字に惑わされることなく、目前に迫った中学受験のための準備をしっかりと行いたいものです。

関連記事

コメントは利用できません。