中学受験に関する様々なことがわかる応援ブログです

子どもが中学受験をやめたいと言い出したら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験は子供だけでなく、家族や学校なども巻き込むことになります。
大学受験や高校受験は義務教育ではないため学校側は受かりそうにない生徒には「もう少し偏差値の低いところを受験したらどうか」と提案してなるべく不合格を出さないようにできますが、中学受験は本人の自由選択があるので、本人のレベルが受験校の偏差値や合格ラインに届いていなくても、意志がある限りは内申書や推薦書などの書類を書かないといけません。
ですが小学校の名前を背負って中学受験をするので、あまりにもひどい成績ですと、遠回しに「合格は期待できない」ことをやんわりと伝えないとならないという仕事がありますね。教師も大変なのです。
もし、中学受験が親の意志であり子供は受験を望んでいない、もしくは意志はあるけど成績が伸びないし友達と遊ぶ時間も無いのが嫌で中学受験をやめたいと思い始めてるのであれば、まだ方法はあります。
それは狙ってる受験校の良さを思いっきり見せることです。学校見学をしたり制服のカッコ良さ、修学旅行や部活動の様子などを見せて、やる気を出させる方法があります。
学区内の中学校よりも中学受験の学校のほうがずっと良いという気持ちを持たせることで勉強する意欲が湧くことがあります。
学区内の中学校に比べて受験がある中学校のほうが修学旅行などの行事、部活、給食などがとても良い場合が非常に多いのです。
高校進学率、そこからの大学進学率などをグラフを作ったりして図解説明をし、将来なりたい職業に近づくにはどうすれば良いのかを説明すると子供の心境が変わることがあります。
ただひたすら「勉強しなさい」と言うのではなく、志望校の良さを説明してみましょう。

関連記事

コメントは利用できません。