公立中学校のデメリット

公立中学校のデメリット

公立中学校に通うデメリットはまず受験に関する問題です。
授業時間をみても私立中学にくらべ、かなり少なくなっています。
高校受験へ向けた準備期間は非常に少なく、それまでの授業は特に受験を意識したものとは限りません。
中学入学後から大学受験を意識した勉強内容で授業を進める私立中学と比較して、この点が大きな差になっています。

 

公立中学では暗黙に、高校受験に向けた勉強は塾や予備校に通うことが前提になっている風潮さえあります。
公立中学の教師は全員公務員なわけですから、一所懸命やっても手を抜いても生活は保障されています。
もちろん熱心に教えてくれる先生もいますが、生徒や保護者の評価が自身の立場にダイレクトに影響してくる私立の先生とは仕事に対する意識が違うともいえます。

 

それから学校生活を送る上ではどうでしょうか。
いじめ問題を例にとっても、対応が後手にまわりがちで様々な深刻な事件にまで発展している学校があるのも事実です。
中には親身に指導を行っている先生方も多いのは事実です。
しかし公立校を監督・評価しているのは教育委員会で、そこでは問題がない学校や教師を良しとする傾向があるので、できるだけ問題が明るみにならない方向で対応しがちになるのです。
逆に私立中学はこうした問題にも素早く真剣に向き合う場合が多いのです。
保護者や世間から悪い評価が下されれば入学希望者が減り、学校の経営自体が傾きかねないという意識がこうした違いに出ています。

 

また、公立中学にはあらゆる家庭環境や経済状況の子供がいます。
当然不良グループなども存在します。
公立中学は私立と違い義務教育ですから、校則に反しても簡単に退学にはなりません。
ですから悪い仲間に引き込まれ、なかなか抜け出せないといったリスクもあるのです。

 

 

個人の実力に合わせた指導を求めている方はコチラ!