塾に通い始める時期と塾選びのポイント

塾に通い始める時期と塾選びのポイント

中学受験を目指すなら、小学4年になる前の2月に入塾するのが理想です。
この時点で学年は3年生ですが、新4年生ということです。
入試が2月実施であることから塾では2月が学年区切りになっているのでこのタイミングになります。
新4年生からスタートすれば、受験勉強に丸3年を費やすことができます。
しかし男子などで精神的な発達が幼い場合は、1年後の新5年生でスタートするという選択肢もあります。

 

さて、塾を選ぶときにはどんなことをポイントにしたらよいのでしょう。
進学塾が売りにしているのは主に合格実績ですね。
難関校に何人合格などと派手にうたっていますが、必ずしもこの数字が塾の実力を表すものとは限りません。
実際にはこの進学塾だけでなく、家庭教師や個別指導塾を併用していることも多いからです。

 

ですから合格者数ばかりを豪語するのでなく、しっかりと教育方針や合格に導く具体的なノウハウを提示できる塾が良いといえます。
中学受験で得るものは志望校の合格という事実だけでなく、この時期に身につけた勉強法でもあるのです。
これは今後の学校生活や社会に出てからも自信となってつながるはずです。

黒板

自ら学ぶ楽しさを実感させつつ学力向上に導く指導を行っている塾が良いのです。
塾の教育方針などはどんどん説明会に出向いて、トップの話を聞くとよく分かります。
塾のシステムと同時に、そのトップの人柄も伝わってきます。
確固とした教育哲学を持ったブレない指導者は、あらゆる問題に対処してくれる頼もしい存在となります。

 

また、説明会でのセールスポイントが現実には異なるケースもあります。
実際にその塾に通っている家庭などの生の声をしっかり確認することも必要です。

 

 

個人の実力に合わせた指導を求めている方はコチラ!