中学受験に不向きな親の特徴

中学受験に不向きな親の特徴

中受験を目指す子供を持つ親御さんで、どうしても干渉しすぎてしまうタイプがあります。
特に母親に多いパターンなのですが、こうした母親に共通しているのは完璧を求める真面目なタイプだということです。
こういう母親の大半は、中学受験の結果次第で子供の人生すべてが決まってしまう、という意識が根付いています。
そして有名難関校に合格することが我が子の幸せにつながると信じて疑いません。

 

しかし実際には有名校に合格させた母親、というステータスを手に入れたいからでもあるのです。
自覚のないまま、あれやこれやと子供の意思にお構いなく介入します。
中学受験では親のサポートは必須です。
しかしサポートの仕方を間違えると逆効果になります。
親としては決して先回りをしてはなりません。
子供のためとばかり次々とお膳立てしても、肝心の本人が興味を持たなければ意味がないのです。

 

家庭学習

親の役割というのは、自主的に学習に取り組む環境を用意することです。
時には必要に応じて、勉強を教えたり厳しく叱ることなども必要なときもあります。
しかし口出しや手助けをしすぎて、自ら学ぼうという意欲や姿勢をなくす行動は厳禁です。
本来勉強するのが好きでたまらない子供なんてほとんど存在しないのです。
親が一から十まで指示を出してやらせていては子供のやる気は育ちません。
子供は仕方なくイヤイヤ勉強することになり、そんな姿勢で勉強したことは身につきません。

 

それに机に付きっきりで勉強を教えていては、自分で考える力は養えません。
親は考え方や解決の糸口を示してやればよいのです。
受験をするにあたっては夫婦でよく話し合い、意識あわせをしておくことが重要です。
どちらかが過干渉になりかかったら、もう一方が上手くコントロールして食い止めましょう。

 

 

個人の実力に合わせた指導を求めている方はコチラ!