個別指導の塾

個別指導の塾を考える

中学受験といえば塾の利用が一般的ですが、最近では塾の中でも学習スタイルとして個別指導のところが増えてきました。
個別指導の塾では、生徒とより密接な関係でも授業ができるということから、家庭教師に近いスタンスで勉強をすることができます。

 

この場合個別指導塾ならではの問題点として「学力の高い生徒にとっては物足りない」というものがあります。
個別指導の場合であっても集団塾と同様に時間が決められており、塾講師はその決められた時間の中で宿題のチェックや質問なども受け付けています。

 

レベルの高い生徒の場合、質問内容も高度なものとなりますので、アルバイト講師などの場合は先生が答えられるまでに時間がかかってしまい、結果として指導に必要な時間が足りなくなってしまいます。
保護者からすれば、入塾した生徒のペースに合わせた指導をしてくれるというイメージがありますが、必ずしもそうとは言い切れない側面が個別指導という対応からは見えてきます。
また、大手の進学塾の場合はフランチャイズ化されていることもありますが、このような場合にはさらに成績の目標達成までの対応が難しいケースもあります。

 

このように、進学塾を選ぶにあたってもメリットとデメリットがありますので、体験授業や無料体験学習などが利用できるので
あればこうした機会を積極的に利用して塾の性質を見極めてから申し込むようにすると良いでしょう。

 

 

個人の実力に合わせた指導を求めている方はコチラ!