カリキュラムの見かた

カリキュラムの見かた

中学受験の受験対策には、しっかりとした合格実績をもった塾に通うのが一般的ですが、それぞれの学習塾が開催する説明会やパンフレットだけでは、そ
の指導カリキュラムを確認することはできても本当に自分の子供に最適な指導法かどうかはわかりません。
多くの場合、その塾が利用する教材に注目しがちですが、ここでは講習の時間割に注目してみましょう。

 

たとえば1週間ごとの時間割でひとつの教科を指導する場合に、週に1日しか授業がないのと週に2日あるのとでは、やはり勉強の性質そのものが変わってきます。
週に数回にわけて行う勉強法は、一般的には「分割学習法」と呼ばれており、その有効性は古くから実証されています。

 

とはいえ、この分割学習法がいかにすぐれた勉強法であってもそれを進学塾で実践するためにはコストがかかります。
中学受験では小学校で学ぶ算数や国語などの科目が出題範囲となりますので、分割学習法を実施するにしても、その教科の数だけ実施できなければ
中学受験に完全対応できるのは難しいでしょう。
加えて、塾に通う生徒ひとりひとりの目標や個性に合わせた授業をするとなれば、さらに手間がかかります。

 

塾の中には、こうした経営効率だけを目的としてカリキュラムを組んでいるところも少なくありませんので、塾の公開している時間割を見ることで
最適な選択をしているかどうかを判断することができます。
塾に通うから必ず合格できるものではなく、家庭学習や各家庭での情操教育も大きく関係してくるのが中学受験というものです。
それだけに、失敗しない塾選びというのはとても大きなテーマとなるといえるでしょう。

 

個人の実力に合わせた指導を求めている方はコチラ!