クラスの人数や教材

クラスの人数や教材について

中学受験には小学校での授業に加えて学習塾で勉強をするという場合が多くなります。
このような塾で最近主流となりつつあるのが、少人数編成での授業です。
生徒数の人数制限といえば、社会人の通う英会話教室などが一般的には知られていますが、こうした少人数制教育のメリットは、指導する先生がより生徒のケアをしやすいという点にあります。
小学校の担任の場合、ひとりの教師が数十人前後の子供を見ることになるのですが、その場合はどうしても全員に目が届かないというデメリットもあります。

 

もちろん学校は勉強だけを教えるところではない、という考えもあるものの、保護者からすればこうした点は学校に対する不満となって現れる部分でもあります。
塾の場合、中学受験を希望する子供が通うところですので、学力のレベルアップは至上命題ともいえる関係から、こうした人数制限を設けることでより効率的な学
習を実施することが可能となります。

 

また、こうした少人数制を採用している塾では学習教材についても生徒数に応じた使い分けが行われていることもあり、その内容については「何人以上」
「何人以下」というカテゴリーで分けられている場合がほとんどです。
塾での学習をスタートした子供にとっても少人数制の方が刺激を受けやすいという特徴もありますので、塾を選ぶ際のひとつの判断基準として「少人数制」
というものも考慮してみると良いかもしれません。

 

個人の実力に合わせた指導を求めている方はコチラ!