4年生で習慣づけたい事

4年生で習慣づけたい事

4年生で是非習慣にしておきたいのは読書です。
学年が上がるにつれ受験勉強は本格化し、読書の時間などなかなか取れなくなります。
どんな本がおすすめかというと、基本的には本人が興味を持った本を読めば良いのです。
ただ中学受験を控えた身としては、多少工夫も必要です。
たとえば国語の入試問題に出題される作品の中には、子どもが興味を持って読めるものもあります。
親御さんが折に触れて図書館などで薦めてあげると良いですね。

 

また日ごろあまり手が伸びないようなジャンルの本に、あえてチャレンジしてみてはどうでしょうか。
自然環境に関する本や子ども向けの政治に関する本なども、実際読んでみると子どもは意外にのめり込むこともあります。
未知の世界に触れることで新鮮な発見もあります。
これまでとは違った分野を開拓することで知識も広がり、受験にも有利になります。
広い範囲の知識を身につけておくことで、入試問題でいかなるテーマが出題されても焦らず柔軟な対応ができるのです。

 

さて、自宅でのテレビ鑑賞はどうするべきでしょう?
テレビは時間をきちんと決めた上で観るのは良いです。
バラエティ番組などではなく、知的好奇心が満たされる番組も色々あります。
歴史や自然・政治経済など、子どもでも興味を持って観られるプログラムも増えています。
それから、この年代の子どもの多くがテレビゲームや携帯ゲームに夢中です。
親御さんは禁止にすべきか、息抜き程度に許容すべきか悩むところです。
子どもの性格にもよりますが、やはり短時間でもゲームの世界に触れれば刺激を受け中毒になりかねません。
子どもである時期は限られていますから、この時期にゲームに時間を費やすくらいなら、外遊びや友達との触れ合ったほうが多くのことを経験できるはずです。

 

 

個人の実力に合わせた指導を求めている方はコチラ!