5年生からでも受験勉強に間に合うか

5年生からでも受験勉強に間に合う?

塾通いを5年生から始めるケースでは、多くの親御さんが遅すぎるのではと心配されます。
しかし学校の勉強に普段からきちんと取り組み理解しているのであれば、5年のスタートでも問題はないのです。
大切なのは勉強に対する意欲で、この意欲を持って入る子は逆に塾の勉強を新鮮に感じ一生懸命に取り組みます。
5年スタートで難関校に合格する生徒がいるのも事実です。

 

塾というのは2月がカリキュラム開始の時期となるので、実際には4年生の2月のタイミングで入塾できれば良いですね。
はじめのうちはどうしても、自分より前から塾に来ている子どもたちに混じって不安や焦りを感じることも少なくありません。
塾通いをスタートさせたばかりの時期は、まず塾に慣れることと周りに追いつくことで手一杯になります。

 

ここで親御さんが一緒に勉強の計画を立てて上手に導けば、そのうち塾のある生活にも慣れてきます。
急に勉強ばかりの生活にならないよう、友達と遊ぶ日や自由時間も入れながら軌道に乗せていきましょう。
数ヶ月頑張って勉強すれば、元からいる子たちとの差もほとんど無くなってしまいます。
そして子どもをほめてあげることも、やる気と学力を伸ばす秘訣です。

 

さて、5年生というのは6年生で迎える本格的な受験勉強の土台をしっかりと作り上げる大切な時期です。
勉強する内容もぐっと難易度が上がり、さまざまに身につけるべきことが多くなります。
中でも、聞く力が非常に大切になってきます。
人の話をちゃんと聞けない生徒は、国語はもちろんのこと、あらゆる教科において問題の文章を読み解く力に欠けます。
聞く力とはすなわち、読む力にもつながるのです。
このことをふまえて、しっかりと話を聞ける力を身につけましょう。

 

 

個人の実力に合わせた指導を求めている方はコチラ!