国語が苦手な理由

国語が苦手な理由

国語の成績が思うように上がらない、というお悩みは少なくありません。
国語力の低下は全国的に指摘されていることで、作文などに特化した塾や教材が増加しています。
国語が得意な子どもというのは、読書好きで大量の本を読んでいるイメージがあります。
だからこそ、我が子が小さいころからたくさんの本を読んでいるはずなのに国語が伸びないと、尚更心配になるのです。
まして低学年から塾にも通っているのに成績が今ひとつでは、親御さんの不安もいかばかりでしょう。

 

学年が小さいうちは塾に慣れる目的や教科に親しむ目的が大きく、子どもも塾の勉強を楽しんで苦手意識は生まれにくいものです。
この時期は偏差値も出ませんし特に成績に不安を感じる機会はあまりありません。
しかし4年生ともなれば、塾での勉強はにわかに受験を意識したものになっていきます。
偏差値付けも始まり、ここで急に慌てる親御さんも多いのです。

 

さて読書と国語の関係ですが、もちろん読書というのは国語力を付けるのに大変有効ではあるのですが、ただ本を読めばいいというものでもないのです。
本を読む中で知らない言葉に出会ったとき、その場ですぐにお母さんに聞いたり辞書で調べる習慣づけができれば、語彙力は驚くほどアップしていきます。
国語を伸ばすには、まず言葉をたくさん自分のものにすることです。
語彙力が少ない子どもはやはり国語で挫折しやすいです。
意味が分からない単語に出会うたびに、その箇所をあやふやなまま読み進めてしまうクセがつくので、全体的に文章の意味を捉えられず精読ができません。
普段から知らない単語を即座に辞書で調べることが当たり前になっている子どもは、どのような文章でもしっかりと読み進めることができるのです。

 

 

個人の実力に合わせた指導を求めている方はコチラ!