本を読んでも精読力が付かない理由

本を読んでも精読力が付かない理由

日ごろから多くの本を読んでいるのにもかかわらず、国語の成績が伸びない。
こういった子どもの多くは、読んだ本の大筋は説明できるのに、細かい部分や好きな箇所については全く話ができないことがあります。
これはいわゆる斜め読みの結果です。
知らない言葉を一つひとつ調べながら読み進めつつ精読を行っていれば、文章やお話の細かな部分の微妙な意味合いまで理解しているものです。
全体をスピーディに斜め読みするだけでは、言葉のニュアンスや感情・情景といったところまで深く読み取ることは不可能です。
日本語特有の描写や表現を的確に捉えていくには語彙力の強化が不可欠であり、ただ漠然と読んでしまっては国語の力は伸びるわけもありません。

 

しかし我々大人たちがこういった読み方を助長しているともいえるのです。
何かとスピードを重視する現代では、いい加減でも速く読ませることを無意識に子どもたちに強いていることもあります。
その結果初めて出会う単語があっても辞書を引かず勝手に想像したり読み飛ばしたりするので、文章の言わんとする意味を大きく読み違えてしまいます。
たとえば親御さんが内容の確認もせずに速く読めたというだけで簡単にほめてしまうことが、子どもの斜め読みにつながっているのです。

 

このように語彙力が少ないと文章を精読できない、精読できないと文章の本意を読み取れない、という連鎖は受験にまで影響を及ぼします。
試験の問題文をしっかり読めるかは非常に大切なことです。
少しでも意味をはき違えると正しい解答には結びつきません。
これは国語だけでなく算数やその他の教科にもいえることなのです。
文章問題の細かなところまで見落とさず読み解くには、国語力は大変重要なポイントなのです。

 

 

個人の実力に合わせた指導を求めている方はコチラ!