中学受験 子供

子供と一緒に学ぶ

理科

家庭でよくありがちなのが、子どもの勉強に関する捉え方の過ちです。
成績が伸び悩んでいるときというのは、どうしても性急な評価を下してしまいがちですが、子供の実力というものは単純に「結果」だけで判断することが難しいものです。
勉強とは様々な知識の積み重ねと、それらを組み合わせ使いこなすことが重要であり、それらの相乗効果があって初めて成績の向上につながります。
親からすればできるだけ早い段階で結果が出てほしいと思うものですが、子供の実力というものはすぐに結果が出るものではありません。

テストでいい点をとるには?

これは、中学受験に取り組む現状をすべて自分たちだけで管理しようと考える親によく見られる傾向ですが、テストで良い点がとれない子供をついつい批判的に見てしまうというのはやや問題です。
確かに職場においてはヒト・モノ・カネといった要素をいかに活用するかといった点が重要ではありますが、子供の中学受験においてはそれは当てはまることではありません。
たとえば理科という科目を弱点と考えているなら、その弱点を補強するために塾を活用するという人もいます。

成績アップにつなげる方法

これ自体は特に間違った考えではありませんが、だからといって塾に通わせればそれで成績が上がるのかといえばそれだけではありません。
子供が自ら不思議に感じ、それを学びに活かすことができなければ成績アップにつなげることは難しいでしょう。
大切なのは、親も一緒に関心をもって子供とともに取り組むこと、それがひいては中学受験にも活きてきます。
理科に限らず、中学受験で志望校に合格することを考えるのであれば、大手塾で勉強をすることはとても重要です。
塾には、中学受験で出題された過去問などのデータをはじめ、公開模試や外部模試の実施など、学校の授業では得ることが難しい受験に必要な知識を得ることができます。

 

しかし、それでも最後に受験生が拠り所とするのは家族であり親なのです。
いくらテキストを読み込んでも、一緒に取り組む親がいなければ成功することもおぼつかないのが中学受験というものなのです。
本番までに子供を最高の状態に仕上げるのは、塾と家庭との協力がなくては成立するものではありません。

 

個人の実力に合わせた指導を求めている方はコチラ!