中学受験 ポイント

社会の学び方のポイント

社会

社会科は中学受験では必須科目のひとつです。
ところが社会の勉強で使用する教材というものは、ほとんどが暗記用語ばかりであり、勉強する子どもからすれば少しつまらないかもしれません。
自分で興味をもった分野であれば集中力や好奇心を示すのが子どもというものなので、学習するうえで知識を習得するにしても、やはり子どもの好奇心を刺激する内容であることが望ましいといえるでしょう。

 

社会という科目については、たとえば旅をすることがひとつのヒントとなるかもしれません。
もちろん海外旅行をする必要はなく、国内を電車で回るというだけでも様々な景色が目に入ってきます。

 

その時触れた風景で気になるところがあれば、そこに対してもっと知りたいという欲求に駆られることもありますし、普段触れることの少ない
地域の特色等が学習意欲につながることもあります。

 

この例は社会という科目での例ですが、子どもの好奇心を刺激することは社会以外の国語や算数、理科の学習にも該当します。
親からすれば、どうしても学校でのテストの成績や平均点を超えているかどうかという点を重視しがちですが、テストの点だけでは判断できないのが子供という存在です。
中学受験ともなれば、その経験の差がそのまま合否を分けるともいわれており、学校の授業だけで入試に合格できるほど底の浅いものではありません。

 

中学受験に対応した塾の場合は、こうした子供の学びたいという意欲を刺激することをひとつのテーマとしていますので、ただ問題集を解くだけでなく、入試の出題傾向を把握した学習法も含め受験における強い味方となることでしょう。

 

個人の実力に合わせた指導を求めている方はコチラ!