中学受検 タイプ別ママへのアドバイス

タイプ別ママへのアドバイス

中学受験を控える子供を持つママのタイプは3種類あると言われています。

しっかりママ

まずひとつめは「しっかりママ」です。
子供に求めるハードルが高すぎて本人のやる気はともかく頑張ることばかりを強要してしまいがちという特徴があります。

 

そんな「しっかりママ」には子どもの学習に対して先手を打たないことが大切です。
チェックすべき項目は予習や復習、学校からの宿題をしているか、反復して復習をしているか、ミスした問題を再度勉強しているか、この3点だけで大丈夫です。

 

もちろんそれらの内容についてあれこれ口出しする必要はありません。
ついつい子どもに対して完璧な状態を求めてしまうものですが、まずは母親自身が辛抱強くならなければ子どもが自立することもなく、自ら進んで勉強するということもないでしょう。
塾や学校での結果だけで一喜一憂せずにその過程を尊重することも大切です。

仲良しママ

2つめは「仲良しママ」です。
とにかく何かつけて子どもと一緒に行動したがるのがこの場合の特徴です。
この場合には、当面の課題をクリアすることがテーマとなりますので、長期的な視野でものを見ることができません。

 

子どもと一緒に行動することが多く、優しいと感じられることもあるのですが、こと中学受験においてはこの「優しさ」がかえって悪影響につながる可能性もあります。
時には厳しく接し、何がいけないのか問題の本質を見極め、それを解決に導けるような手助けをすることも受験に合格するための極意のひとつといえるかもしれません。
試験ではすべて自分ひとりで出題された問題を解法まで導かなければなりませんので、ある程度の距離をおいて子どもに任せることも大切です。

結果重視ママ

3つ目は「結果重視ママ」です。
中学受験においては必ずしも合格するとは限らないのが常ですが、失敗する要因として大きいのはこの「結果重視ママ」の存在ともいわれています。

 

こうした親の考えとしては、自分の意思で子どもが勉強していると思い込んでおり、自分が前向きな姿勢でいることがそのまま子どもの成績アップにつながる、というものがあります。
しかし、これは現実的な考えではなく、実際にはその反対である場合がほとんどです。
子どもは親のもとめる理想とのギャップに苦しみ、その結果中学受験に失敗するといった結果に終わることもあります。

 

まずは、自分の子どもはどの程度の実力を持っているのか客観的に見極め、現実と向き合うこと、それがひいては子どもが自分から進んで勉強するといった「理想」に近づけることにもつながります。
公立校ではなく私立の中学に通うことを考えるのであれば、受験は避けて通ることはできません。
そのような場合には受験の指導実績をもった家庭教師を申し込んだり、あるいは進学塾に通って学習効率を高める場合も必要です。

テスト

しかし、中学受験というものは子どもだけでなく親も一緒に取り組むことが大切です。
子どもの成績ばかりが気になる、悩みが絶えないということであれば親子教室で相談をしたり、カウンセリングを受けてみるのも良いかもしれません。
ママ友に話を聞いてもらうというのも良いですが、やはり自分を客観的に見てくれる人の意見が最も参考になるのではないでしょうか。

 

個人の実力に合わせた指導を求めている方はコチラ!