中学受験 ママ友

ママ友との付き合い方

中学受験を控える子どもを持つ親同士、切っても切れないのが付き合いです。
お母さん同士の付き合いに関しては、できるだけベッタリと依存し合わないことです。
親しくなりすぎて結局あれこれと翻弄されてしまう方も少なくありません。
余計な気をつかうよりは、ほどほどの距離を保ちながら付き合っていくことをおすすめします。

 

ただでさえ受験で心配事が多いお母さんですから、ママ友のちょっとしたひと言でも気になってしまい、よその子と我が子をくらべて一喜一憂したり気をもんだりします。
ママ友の言葉は額面どおりに受け取らずに、その場のやりとりだけと割り切りましょう。
また、ママ友仲間の間ではさまざまな噂も飛び交います。
それが受験や入試に関わることなら気になるのは当然です。

しかし実際これらの情報で信憑性があるものは少ないものです。
あくまで噂に過ぎませんので、疑いもなく信用してしまうと痛い目にあいかねません。
こういった重要な情報に関しては自分が直接先生から耳にしたことのみを参考にしましょう。

 

それから中には、我が子の受験を成功させた実績のあるママさんと付き合うケースもあります。
こういうタイプのママ友は自分の経験をもとに色々なアドバイスをしたがったり、他人のやり方を批評したりすることも多いです。
そういう場面に遭遇しても、その意見は参考までに聞くにとどめましょう。
受験が成功するかは家庭によって千差万別の状況があります。
いちいち鵜呑みにして感化されていては、本来我が子に合っているはずの対策とはまるで違った方法を取りかねません。

 

さてママ友間の情報で唯一信憑性が高いのが、塾や学校に関する内容です。
先生のことや塾の評判などのクチコミは大体が有用なものですから、大いに参考になるといえます。

 

 

個人の実力に合わせた指導を求めている方はコチラ!