中学受験 志望校選びの偏差値

偏差値どっち

偏差値

 

30人に選んだ理由を聞いてみました

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

学校に入ってもついていけなかったら元も子もないです。
将来のためには数字ではなく質を選ぶべきです。
将来どのようになりたいか考える期間でもあるので、学校についてくのに必死だと考える時間を奪うことになります。
だから入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校を選びたいです。
(S.Bさん/35歳)

 

親のイメージイラスト

偏差値の高い学校イメージイラスト

子供が中学受験で志望校を選ぶなら、目標は高くできるだけ偏差値の高い学校を選びたいです。
そのほうが競争意識が芽生えて、勉強する意欲がもっと出てくると思っているからです。
(M.Bさん/38歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

子供が中学受験で志望校を選ぶなら、入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校のほうがいいです。
勉強についていけなくて学校に行く気がなくなってしまうといけないからです。
(O.Gさん/37歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

偏差値の高い学校イメージイラスト

出来るだけいい学校に行った方が将来のためです。
カリキュラムもテキストも教師もいいものがそろっています。
レベルの低い学校に行くと、人間は弱いですから朱に交われば赤くなります。
(U.Rさん/30歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校の子どもには通ってもらいたいです。
目標を高く持つことも良いことですが、挫折も危惧されます。
自分の学力にあった学校を選びそこからまた学力を伸ばし、自信をつけさせたいです。
(U.Oさん/36歳)

 

 

親のイメージイラスト

偏差値の高い学校イメージイラスト

私は親戚や親たちにとにかく良い学校入りなさいと言われ、嫌々ながらもたくさん勉強していわゆる進学校に入りました。
しかし自分の意思で決めなかった学校に通うのがとても嫌だったという思い出があります。
子供には目標は高くできるだけ偏差値の高い学校よりも、入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校に入ってもらいたいです。
(J.Aさん/39歳)

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校を選択して、その学校の中でいい位置につけるとその後の進学にも有利になります。
前向きに常に努力をしていけるといいです。
(S.Rさん/43歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

偏差値の高い学校イメージイラスト

目標は高くできるだけ偏差値の高い学校です。
入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校ものびのびやって行くなら問題ないですが、卒業後の人生に大きく関わってくるので前者の方が良いです。
(A.Rさん/31歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

子供が中学校へ進学する時は、入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校を勧めます。
中学受験が最終ではなく、最終目標は大学です。
自分に合った学校で楽しく学校生活を送り、それなりに内申点をとった方が高校受験に有利になると思うからです。
(C.Jさん/40歳)

 

 

親のイメージイラスト

偏差値の高い学校イメージイラスト

子供が中学受験で志望校を選ぶなら、目標は高くできるだけ偏差値の高い学校のほうがいいです。
なぜなら、私が偏差値にあった学校に行って、勉強する気を失ってしまった経験があるからです。
(A.Yさん/34歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校に進学することができれば、入学してから学校でのトップを目指しやすいです。
トップに近い位置にいれば、励みになります。
(U.Tさん/36歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

偏差値の高い学校イメージイラスト

入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校に入って、その中で一番になればいいです。
まだ中学生ですので、本人がやる気があれば、高校や大学でもっと上を目指していけばいいです。
(A.Uさん/33歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

子供の進学先は、入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校を選びたいと思います。
無理して入った学校では、授業についていくこともままならないような気がします。
しっかり学習できる余裕が欲しいです。
(M.Hさん/48歳)

 

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

子供が中学受験で志望校を選ぶなら、入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校のほうがいいです。
なぜなら私が偏差値の高い学校に行って大変な思いをしたからです。
(R.Oさん/39歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

目標を高くすることも大切ですが、高校に入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校に通うほうがいいと思います。
偏差値の高い高校に通うより、自分にあった偏差値で楽しく過ごすことが一番いいと私は思います。
(T.Kさん/30歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校に行けば、少しゆとりのある生活ができます。
いつも最下位に近い状態では励みになりませんし、疲れてしまって勉学が嫌いになりそうです。
(A.Gさん/43歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

偏差値の高い学校イメージイラスト

中学受験させるなら目標は高くできるだけ偏差値の高い学校を受験させたいと思っています。
子ども自身も緊張感を持って受験に挑むことができるし、やはりレベルの高い学校のほうが入ってからのカリキュラムも充実しているからです。
(K.Sさん/37歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

子供が中学受験で志望校を選ぶなら入ってからついていける様に、今の偏差値にあった学校に通わせたいです。
ついていけなくなるよりかは、今をキープして頑張ってほしいからです。
(F.Cさん/43歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

子供の中学校受験の志望校を選ぶなら入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校にします。
せっかく受験して受かったからにはまずはゆっくりと勉強をしてほしいからです。
(F.Bさん/43歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校を勧めますね。
偏差値の高い学校に入っても授業について行けなければ勉強する意欲もなく先も見えなくなると思いますからね。
(Y.Nさん/37歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

偏差値の高い学校イメージイラスト

子供が中学受験で志望校を選ぶなら、目標は高くできるだけ偏差値の高い学校がいいです。
学校名はとても大事だし世間の目を気にするほうなので、有名な学校のほうがいいからです。
(E.Wさん/38歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

偏差値の高い学校イメージイラスト

子供が中学受験で志望校を選ぶなら、目標は高くできるだけ偏差値の高い学校のほうがいいです。
なぜなら、有名な学校に通っているほうが自慢もできるし、鼻高々でいられるからです。
(O.Rさん/33歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

自分の子供が中学受験で志望校を選ぶなら、目標は高くできるだけ偏差値の高い学校ではなく、入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校を選びます。
無理することなく、自分の学力を上げて欲しいからです。
(E.Rさん/46歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

子供が中学の志望校を選ぶのであれば、入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校を選ぶようにアドバイスをします。
学ぶことの楽しさを実感しながら、友達との交流を楽しんでほしいと思います。
(Y.Nさん/49歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

偏差値の高い学校イメージイラスト

中学生は義務教育ですので、受験で合格できる可能性があるのであれば目標は高くできるだけ偏差値の高い学校に挑戦してみるといいです。
やらずに後悔するよりもまずは挑戦してみることです。
(C.Yさん/30歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

子供の希望が一番優先ですが、できるだけ偏差値の高い学校を選んでも不合格になるかもしれないし、進学後についていけなくなっても困るので子供にあった学力の学校を志望校にして欲しいです。
(O.Wさん/46歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

偏差値の高い学校イメージイラスト

子供の中学受験の進学先は、目標は高くできるだけ偏差値の高い学校を選びたいと思っています。
レベルの高い学校に進学させることが子供の可能性を高めることだと思っているからです。
(S.Kさん/41歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

子供の進学先は、入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校を選びたいと思っています。
中学、高校と6年間通うわけですから、ギリギリ入っても後が辛い気がします。
のびのびとした学園生活を送ってほしいので、無理はさせたくありません。
(E.Bさん/34歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

偏差値の高い学校イメージイラスト

子供が中学受験で志望校を選ぶなら!目標は高く!できるだけ偏差値の高い学校を選んであげたいです。
子どもが行きたい道を選べるように親が出来ることをしてあげたいです。
(E.Yさん/43歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

今の偏差値にあった学校イメージイラスト

入ってからついていける様に今の偏差値にあった学校にまずは入って自分のペースで努力を積み重ねて自分の夢に向かって進んでほしいと思っています。
目標を高くもつのはよいけれど、挫折して生きる意味を失ってしまったら本末転倒です。
(A.Cさん/48歳)

 

30人アンケートのまとめ

今の偏差値に合った学校を選んでほしいという回答が多くなりました。
一生懸命勉強して入学してもやはりついていけなくなってしまうことを心配する声がほとんどを占めていました。
入学だけがゴールではないという考えが浸透しているのですね。

 

偏差値の高い学校を選ぶ派は教師の質も高いだろうし、上を狙えるなら狙ってほしいという意見でした。

 

 

 

 

矢印二択で選ぶならどっち?他のアンケート結果はこちら