中学受験 教科の選択

全教科

苦手か全教科

 

30人に選んだ理由を聞いてみました

 

親のイメージイラスト

苦手教科イメージイラスト

苦手な教科のみ受講するのであれば、全教科受講するよりも金額を抑えることができるところが魅力です。
家計にも負担がかかりません。
また、子供は得意な教科を自力で勉強できるので、苦手な教科を重点的に受講する方が良いです。
(W.Iさん/46歳)

 

 

親のイメージイラスト

全教科イメージイラスト

苦手の教科を克服することはとても大切ですが、中学受験には全教科必要ですので全教科受講するのがいいです。
得意な教科でも授業を聞くことによって理解がより深まります。
(U.Kさん/37歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

苦手教科イメージイラスト

苦手な教科のみ受講して助けてもらうのが良いです。
その教科のみに集中できますし、時間の短縮になります。
また、苦手な教科のみに絞ることで受講料金を削減できます。
他の教科は学校の授業と家での予習復習で成績は満足できるからです。
(H.Kさん/38歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

全教科イメージイラスト

子供が中学受験で進学塾に通うなら、苦手な教科のみ受講よりも全教科受講させてやりたいです。
受験に合格するためには、お金を惜しみなく使ってあげたいと考えているからです。
(C.Fさん/36歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

全教科イメージイラスト

中学受験をさせるため塾に通わせるときには全教科受講をさせます。
中学受験の問題内容は小学校では習わないことが多いのでなれる為にも全教科勉強しておいたほうがいいと思うからです。
(M.Gさん/45歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

苦手教科イメージイラスト

中学受験のために塾に通うのであれば、苦手な教科のみ受講させたいと思っています。
我が家は決してお金に余裕があるわけではありませんから、全教科受講させることなどできません。
(T.Kさん/34歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

全教科イメージイラスト

中学受験で進学塾へ通うなら全教科受講をしたほうが良いです。
全科目をバランスよく勉強をする習慣もつきますし、得意科目も先生の力でさらに得点アップにつながるからです。
(R.Bさん/31歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

苦手教科イメージイラスト

子供が塾に通うなら苦手な教科のみ受講できるようにします。
中学受験もとても大切ですが、今しかできないこともたくさんあります。
苦手な所をしっかり学ぶことで、時間にも余裕がもてて気分転換もできます。
(S.Yさん/46歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

全教科イメージイラスト

中学受験するのなら、全教科受講すると思います。
得意教科であっても受験対策は必要です。
入試の傾向を知り、対策するためには全教科の勉強をしていく必要があると思っています。
(F.Wさん/34歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

全教科イメージイラスト

残念なことに、ウチの子は全教科まんべんなく成績が悪いのです。
ですから全教科受講と言う事になるでしょう。
どの教科でも何が分からないのかが分からないと困った事を言うので、塾の先生にビシビシ鍛えてもらいたいです。
(T.Fさん/38歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

全教科イメージイラスト

子供が進学塾に通うとなったら、迷わず全教科受講させます。
苦手な科目はしっかり勉強して克服し、得意な科目はさらに学力アップさせたいからです。
きっと得意科目の中にも知らない知識がたくさんあるだろうし、知識の幅を広げて欲しいです。
(K.Gさん/38歳)

 

 

親のイメージイラスト

苦手教科イメージイラスト

中学受験のための通塾は、苦手な教科のみ受講させます。
得意な教科の勉強は自分でもできるでしょうから、全教科受講しなくても良いと思います。
その分、不得意な教科に時間を充ててほしいです。
(Y.Fさん/37歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

全教科イメージイラスト

中学受験をさせるのであれば、基本的に全教科受講させるつもりです。
得意教科のつもりでいても、少しは苦手な単元もあるものです。
そういった部分をしらみつぶしに勉強することが大切だと思います。
(U.Fさん/47歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

全教科イメージイラスト

子供に中学受験させるなら絶対に全教科受講が必要です。
なぜならたとえ得意科目であっても、受験という一発勝負の戦いにおいては受講させることによって確実な得点源にしなければならないからです。
(W.Iさん/43歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

苦手教科イメージイラスト

私なら、子供に苦手な教科のみ受講させます。
その理由は、苦手な教科のみに集中して勉強したほうが伸びると思うからです。
苦手な教科に絞ることで子供も集中できると思うからです。
(A.Kさん/35歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

苦手教科イメージイラスト

苦手な教科のみ受講して苦手科目をできるだけつぶしていけたらいいと思います。
その他の教科については自分でペース配分を考えながら学習していくスタイルを身についていってほしいです。
(S.Cさん/33歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

苦手教科イメージイラスト

親として全教科受講をさせたいですが、月謝もそれなりに高くなってしまうので苦手な教科のみ受講をさせたいです。
できそうな科目は自分で勉強し、分からないところだけを先生に習い、より成績アップにつなげてほしいです。
(J.Cさん/46歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

全教科イメージイラスト

子供が中学受験で進学塾に通うなら、苦手な教科のみ受講するよりも全教科受講したほうがいいです。
そうすれば得意な教科も成績が上がってくるし、並行して学力を上げることができるからです。
(C.Kさん/48歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

全教科イメージイラスト

苦手な教科のみ受講よりも、全教科受講のほうが良いです。
全て教科を均等に点数がとれるように、塾の講師たちが対策をとってくれますし、全て均等に勉強を習得できるからです。
(F.Tさん/33歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

苦手教科イメージイラスト

子供が中学受験で進学塾に通うなら、苦手な教科のみ受講すればいいと思います。
学力のある教科は自分で解決できると思うので、できない教科をしっかり教えてもらうことが大事だと思っているからです。
(C.Jさん/40歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

苦手教科イメージイラスト

子供が中学受験で進学塾に通うなら、苦手な教科のみ受講させたいです。
無理して全教科させて無理させるよりかは、苦手科目をなくして出来るところをもっと伸ばしてあげたいです。
(W.Oさん/34歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

苦手教科イメージイラスト

子供が中学受験で進学塾に通うなら苦手な教科のみ受講させたいです。
他の教科まで見てもらうことになると費用も掛かりますし、手を出し始めたらきりがありません。
苦手な教科だけでかまいません。
(O.Tさん/33歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

苦手教科イメージイラスト

中学受験をするのなら、進学塾では苦手な教科のみ受講させます。
進学後の授業料の負担を考えれば、進学塾にお金をかけるのは得策ではありません。
苦手な教科だけで十分です。
(K.Gさん/39歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

苦手教科イメージイラスト

子供を進学塾に行かせるなら、苦手な教科のみ受講させたいと思います。
全教科受講させるよりも費用が安くつくというのもありますが、せっかく自分の力で得意教科に取り組んで良い成績が残せているのなら、その力を信じてさらに伸ばしてあげたいからです。
(T.Hさん/39歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

全教科イメージイラスト

進学塾に通わせるのなら、全教科受講させます。
受験にはテクニックが必要ですから、それを磨くために勉強に偏りがあってはいけないと思っています。
1点でも多く得点できるように対策したいです。
(K.Uさん/35歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

苦手教科イメージイラスト

誰にでも苦手な教科、好きな教科はあるものです。
苦手な教科に挑戦してみようとか、できるようになりたいと思うことが大切です。
まずは、苦手な教科のみ受講で克服したいです。
(S.Oさん/49歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

苦手教科イメージイラスト

子供が中学受験で進学塾に通うなら、苦手な教科のみ受講すればいいと思います。
これから入学金や授業料の費用を貯めて行かないといけない中で、塾にあまりお金をかけていられないからです。
(J.Mさん/30歳)

 

 

 

親のイメージイラスト

苦手教科イメージイラスト

中学受験のために塾に通わせるのなら、苦手な教科のみ受講させます。
できることまで塾で勉強させるのは、時間もお金がもったいないです。
わからないところだけ教えてもらえばいいと思います。
(W.Rさん/38歳)

 

 

 

 

親のイメージイラスト

全教科イメージイラスト

全教科受講にします。
しかし、6年生からでも遅くはないと思っています。
それまでは苦手科目だけにしたいと思いますが。
経済的なことだけではなく、子供にも勉強時間の負担がかかることでしょうから。
(Y.Yさん/37歳)

 

 

親のイメージイラスト

全教科イメージイラスト

自分の子供が、中学受験で進学塾に通わせるならば、私は苦手な教科のみ受講させるのではなく、全教科受講させることを選びます。
まんべんなく受験対策できるようにしてほしいからです。
(E.Nさん/34歳)

 

30人アンケートのまとめ

苦手な教科のみ受講をさせるという人が多い回答になっています。
やはり全教科と苦手教科のみの受講では、費用面に大きく差が出てしまうという事がネックになっているようです。
全教科受講させるという意見では、受験は1教科のみではないという意見や、苦手を克服できて得意科目はさらにレベルを上げるという意見も多くありました。
まずは苦手を克服させたいという人が多く、この結果につながったようです。

 

 

 

 

矢印二択で選ぶならどっち?他のアンケート結果はこちら