志望校選びで一番重視する基準のアンケート

重視の基準

 

校風 18人

 

 

どんなに評判のよい学校でも、個性に合わなければ通うのが苦痛になるからです。
ここでなら頑張れそうと思える環境の方がつらいときも乗り切れるし、能力ものばしやすく今後の人生のためになるからです。
(C・Kさん/41/東京都/女性)


 

 

いじめ問題など中学では一番そういうのが出てくる時期だと思うから、教育体制や学校の評判や先生たちの評判など校風をしっかり見極めた上で検討したいと思います。
(S・Yさん/34/東京都/女性)


 

 

地元の公立中学校の校風が気に入らなくて私立中学校を受験するわけなので、その私立の校風は非常に重要だと思います。
偏差値などよりも子供が生き生きと楽しい中学校生活を送れるということを重視したいです。
(M・Yさん/46/大阪府/女性)


 

 

中学校は義務教育なので校風を第一に子供本人の学力次第で進学する方向を決めて、自分で自分の将来を決められる人物になってほしいと思うからです。
(O・Cさん/43/福岡県/女性)


 

 

偏差値は毎年少しでも変わりますが、校風はそんなにすぐには変わらず一日の半分位を過ごす場所であるので、子供の人格形成に多大な影響を与えると思い一番に重視したいと思います。
(M・Yさん/33/神奈川県/女性)


 

 

勉強だけを主にしてしまうのは子供の性格に合わないと思ったからです。
校風がしっかりしていれば、おのずと学力も上がると先輩ママにも聞いた事があったのでそこを重視しました。
(K・Mさん/38/静岡県/女性)


 

 

偏差値や進学率は二の次でした。
現実的な問題として通学や学費の問題はありましたが、一番重視したのは校風です。
ただ学力を上げるだけでなく、人間性を重視して生きる力を高めてくれるような学校を選びました。
(N・Rさん/36/奈良県/女性)


 

 

無理して偏差値の高い中学校に入れても、授業についていけなくなれば辛いと思います。
勉強自体が嫌いになってしまっては意味がないので、そういったサポートにも力を入れている学校に入学させてあげたいです。
(T・Nさん/31/京都府/女性)


 

 

いろいろな点で気になる基準はあるけれど、学校の規則が厳しかったり校風が子供に合っているかなど、子供の成長や教育によい影響を与えてくれる学校を選びます。
(T・Kさん/46/広島県/女性)


 

 

偏差値や進学率も大事だと思いますが、子どもに合った校風で限りなくストレスの掛かりにくい学校生活を送ることにより、今後の子どもの性格や考え方に影響が出ると思うからです。
(F・Hさん/31/茨城県/女性)


 

 

進学率や偏差値などの数字だけでなく、どのような環境で学ぶのかなど内面的な部分も大切にして、気持ちに余裕のある学校生活を送ってもらいたいからです。
(U・Aさん/30/北海道/女性)


 

 

偏差値も気になるところですが、まずは学校の雰囲気が大切です。
実際自宅の近くに目指している学校があるので、よくそちらの学校の様子を見て感じが良さそうか勉強熱心かまた通っている学生を見て判断しています。
(W・Mさん/40/埼玉県/女性)


 

 

通いやすさや学費や進学率ももちろん大事ですが、子供が勉強を頑張るために通いたと思える雰囲気が一番大切だと思います。
親が強制して決めるよりは、なるべく子供自身に選ばせて楽しい学校生活を送ってほしいと思います。
(T・Aさん/31/東京都/女性)


 

 

中学を受験するからには「進学率」を選ぶべきなのかもしれませんが、何より校風だと思いました。
進学率が高くても、ギスギスした環境の中だと「いじめ問題」も心配なのでやはり校風です。
(K・Mさん/31/沖縄県/女性)


 

 

学校のスタンスや校風は子供の人格形成に大きなウェイトを占めていると考えており、最終的に子供が「受験してよかった、楽しかった」と思える学校に通わせたいからです。
(I・Aさん/38/大阪府/女性)


 

 

学校の雰囲気や授業スタイルによって相性は変わってきます。
合わない校風だと、勉強に集中できない気がします。
勉強だけでなく楽しい思い出を残してあげても良いと思います。
(T・Eさん/43/北海道/女性)


 

 

子どもが中学受験に興味を示したのは、その学校の校風に惹かれたからのようです。
子どもが興味を覚えた学校に通わせてあげたいという親心なので多少偏差値が低くても気にしないと思います。
(K・Mさん/35/北海道/女性)


進学率 4人

 

 

中学受験をするのであれば、最終的には良い大学に入って欲しいです。
ですのでそのためには、出来るだけ進学率の高い中学校に通って一生懸命勉強をして欲しいと思います。
(K・Eさん/31/神奈川県/女性)


 

 

やはり進学率の悪い学校は勉強をしていない人が多いことがあると思います。
その場合自分の子供の未来が同じように引っ張られてしまう可能性があるとも思います。
ならば進学率の高い学校に通って、よい影響をもらってみんなでがんばっていってもらいたいです。
(M・Aさん/40/愛知県/女性)


 

 

中学受験が最後の受験ではありませんから、進学率は気になります。
大学受験の際にプラスになるような進学率を誇る中学に入れたいと思いました。
合格すればそれだけ大学受験も楽になるような気がします。
(M・Rさん/45/埼玉県/女性)


通いやすさ 3人

 

 

基本的に二者択一に近い状態だと思うので、子供の意見をしっかり確認して進路を目指すことにしました。
今の時代高学歴だからといって職に就けるわけでもないけれども、私たち両親のような後悔をしなくてもいいように出来るだけのことをしてやりたいと思ったからです。
無理をしない範囲で普通より少し上に通わせてやれるのだったらその方がいいと思ったからです。
(W・Rさん/31/富山県/女性)


 

 

中学生と行ってもまだまだ子供で目の届きにくい場所では私も不安ですし、子供もあまり遠くの場所学校には通いたくなさそうだったので、校風・偏差値などよりも家からの通いさすさを重視しました。
(S・Oさん/36/埼玉県/女性)


偏差値 2人

 

 

やはり一番現実的なことを考えると偏差値で選ぶのが妥当かと思われます。
模擬試験を受けに行って受験間近に受けた摸擬試験の偏差値を見て、最終的に志望校を選ぶのが確実に合格できる方法だと思います。
(E・Mさん/36/神奈川県/女性)


その他 2人

 

 

一族の男性が進んでいる私立中学があるので、子供もその学校に通わせたいと思っています。
それ以外ですと通いやすさや校風を重視します。
(M・Yさん/33/神奈川県/女性)


学費 1人

 

 

通いやすさも重視していますがやはり学費は大切だと思います。
あまり高額ですと万一途中で支払いができなくなってしまった場合や月謝を滞納せざるを得なかった場合、子供に恥ずかしい思いをさせてしまいます。
自分たちに見合った場所を探すことが大切だと思っています。
(A・Jさん/37/静岡県/女性)


 

結果まとめ

断トツで多かったのが校風重視です。
多くの親が中学校を子供が学ぶだけではなく成長していく場と考え、子どもに合った学生生活が送れると感じられる学校を選んでいる結果となりました。

 

続いて将来を見越しての進学率や通いやすさと続きました。

 

偏差値で選ぶ方は少なく、30人中2人でした。

 

 

矢印六択で選ぶなら?他のアンケート結果はこちら