6年生通塾率と生活習慣

通塾のインフォグラフィック

みんなやっぱり塾に行くの?

中学受験サワヤカ突破では、小学6年生の子供がどのくらい塾に通っているのかについて統計からデータをまとめました。

小学生の通塾率ベスト5

ベスト5 1位:東京 58.00% 2位:神奈川県 57.40% 3位:兵庫県 56.30% 4位:和歌山県 56.00% 5位:奈良県 55.20%
ワースト5 47位:秋田県 22.60% 46位:岩手県 28.20% 45位:山形県 29.40% 44位:青森県 31.80% 43位:島根県 34.00%

通塾率が10%台の県はなく、どの県も少なくても10人に2人は塾に通っているということがわかりました。

 

別の視点からの統計もご紹介します。

 

ネットの普及からスマホや携帯電話で連絡を取り合ったり、PCで調べ物をすることが当たり前の時代。
それは小学生にも見られます。

 

小学生の携帯電話・スマートフォン所有率

ベスト5 1位:東京都 65.00% 2位:神奈川県 64.30% 3位:大阪府 61.40% 4位:千葉県 58.10% 5位:兵庫県 56.90%
ワースト5 47位:秋田県 36.20% 46位:長野県 40.00% 44位:岩手県 42.10% 44位:青森県 42.10% 43位:山形県 42.40%

 

小学生の長時間ネット利用率(2時間以上の利用率)

ベスト5 1位:大阪府 11.80% 2位:北海道 11.20% 3位:神奈川県 10.20% 4位:奈良県 10.00% 5位:三重県 9.90%
ワースト5 47位:秋田県 5.20% 46位:鳥取県 5.40% 45位:島根県 5.70% 44位:長崎県 5.70% 43位:長野県 5.90%

この2つの表から『ネットを良く利用する子供には携帯電話・スマホを持っている子供も多い』事がわかります。

 

生活習慣はどう?

次に自宅でどのくらい勉強しているのか、早寝早起きはできているのかについての統計です。

 

小学生の早寝早起き率(22時前に寝て、7時前に起きる率)

ベスト5 1位:静岡県
96.2% / 61.8%
2位:長野県
94.5% / 63.1%
3位:岩手県
94.4% / 60%
4位:青森県
95.8% / 57.8%
5位:福島県
95.1% / 57.6%
ワースト5 47位:大阪府
56.2% / 34.9%
46位:京都都
65.8% / 38.6%
45位:東京都
65.8%% / 39.5%
44位:福岡県
71.4% / 40.1%
43位:奈良県
74.1% / 38.5%

(※)22時前就寝 / 7時前起床

 

小学生の自宅学習率(0分は除く)

ベスト5 1位:秋田県 1位:新潟県 3位:山形県 3位:岐阜県 5位:茨城県
ワースト5 47位:大阪府 44位:京都府 44位:神奈川県 44位:愛知県 43位:奈良県

統計からわかったこと

通塾率の高い都道府県の子供の傾向

スマホを見る小学生

・携帯電話かスマホの所有率が高い
・1日のネット利用時間が長い
・夜更かしし朝起きるのが遅い
・自宅ではあまり勉強しない
このような規則正しい生活習慣が身についていない子供が勉強するために塾に通う傾向が高いことがわかります。

 

子供は塾に行けば強制的に勉強せざるを得ません。親も塾に通わせておけば勉強するので安心できます。納得できる結果であると言えます。

 

(※新・都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]より2013.・2014年データ参照)